開発教育
HOME > 今年のプログラム一覧 > 開発教育
2024年度開発教育セミナー
第4回 市民(わたし)から始める
  ~難民と一緒に暮らせる街をめざして~
 人権・平和・環境などの地球的課題がテーマの参加型学習。特に日本と世界とのつながりを「持続可能な開発」をキーワードに考える。

【要項準備中】

講師:田中 惠子  
(NPO法人RAFIQ 難民との共生ネットワーク代表理事)

 世界中で戦争や紛争が頻発し、その度におびただしい数の難民や避難民が生み出されています。現在、難民受け入れに消極的な日本にも多くの難民がたどり着いています。長年関西の難民支援に取り組んでいるRAFIQの活動事例から、入管法や難民支援の課題を浮き彫りにし、多様な人を受け入れる社会を創るために、一市民としてどう関わっていけばいいのかを一緒に考えましょう。

 


<後 援>(申請中)

  京都市教育委員会

  京都府教育委員会
  認定NPO法人 開発教育協会(DEAR)



                  
2024年10月 5日 (土) 〜 6日(日) (土)16:00~(日)12:00
場 所:関西セミナーハウス
(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23)
参加費:12,000円(1泊2食込)
   (消費税、京都市宿泊税200円込)
定 員:20名
締切日:9月29日(日)、または、定員に達し次第。締め切り日以降は、お問合せください。
*宿泊は、2~3名1室を基本とします。個室ご希望の場合+1,000円ご負担ください。(申込の際ご希望をお知らせください。)
*2日目昼食ご希望の方は申込時にご予約ください。(1,150円)
*部分参加については事務局にお問合せ下さい。
*直前の取り消し、ご変更は、キャンセル料がかかることがあります。
<講師プロフィール>
田中 惠子 (たなか けいこ) 氏
NPO法人RAFIQ 難民との共生ネットワーク代表理事
 特定非営利活動法人RAFIQ難民との共生ネットワーク代表理事
 2001年保育士をしていた頃、偶然知り合ったアフガニスタン人が入管収容所に入れられ、仕事や子育てに追われながらも時間を見つけて面会することから支援をはじめた。
 2002年 RAFIQ結成。
  
Page top