開発教育
HOME > 今年のプログラム一覧 > 開発教育
2022年度開発教育セミナー
第6回 気候危機から目をそらさない!
 〜待ったなしの10年へ歩み出すときは今〜
 人権・平和・環境などの地球的課題がテーマの参加型学習。特に日本と世界とのつながりを「持続可能な開発」をキーワードに考える。
講師:伊与田 昌慶 
(国際環境NGO 350.org Japan)

 深刻化する気候変動は、世界中で人々の命や安全なくらしを奪い、大きな被害をもたらしています。脱炭素に向けた取り組みはSDGsを旗印に世界的に広がりを見せていますが、決して充分とはいえません。さらに、世界情勢の急激な変化とパンデミックによる経済危機はその取り組みに大きな影を落としています。持続可能な社会をめざして、私たち一市民に何ができるか具体的な行動を考えましょう。   

 

【詳細準備中】
2022年12月10日 (土) 〜 11日(日) (土)16:00~(日)12:00
場 所:関西セミナーハウス
(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23)
参加費:11,000円(1泊2食込)
   (京都市宿泊税200円別途)
定 員:20名
締切日:12月4日(日)、または、定員に達し次第。締め切り日以降は、お問合せ下さい。
*今回は、1室1名使用を基本とします。差額はかかりません。
*部分参加については事務局にお問合せ下さい。
*前日正午以降の取り消し、ご変更は、キャンセル料がかかることがあります。
◇新型コロナウィルス感染の状況によって、変更、中止する可能性があります。その場合は、当サイトなどでお知らせします。
<講師プロフィール>
伊与田 昌慶(いよだ まさよし) 氏
国際環境NGO 350.org Japan
国際環境NGO 350.Japan
2011年京都大学大学院地球環境学舎修士課程修了(地球環境学修士)。
2011年より気候ネットワーク勤務。2007年より国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)に参加し、交渉をフォローする。2014年より気候変動交渉・政策の提言に取り組むNGOのネットワーク”Climate Action Network Japan (CAN-Japan)”の事務局を担う。
著書に『地域資源を活かす温暖化対策 自立する地域をめざして』(共著、学芸出版社、2011)など。
  
Page top