開発教育
HOME > 今年のプログラム一覧 > 開発教育
2021年度開発教育セミナー
第5回 持続可能な食と農をめざして~食料主権をとりもどす
 人権・平和・環境などの地球的課題がテーマの参加型学習。特に日本と世界とのつながりを「持続可能な開発」をキーワードに考える。
講師:西川 芳昭 
(龍谷大学経済学部教授)

 わが国の食料自給率は37%であるにもかかわらず、食品廃棄量は世界の食料援助量の1.6倍になり、コロナ禍では高級食材が大量に行き場を失いました。このような決して健全とは言えない食と農のシステムが、気候変動への負荷を増大させ、生物多様性を危機に晒しています。さらに、コロナ禍では世界の飢餓人口が8億人以上に拡大したと言われています。すべての人が安心して安全な食料を得ることができる持続可能なシステムを創るために私たちができることを一緒に考えましょう。

タイムテーブル

9:30 ~            受 付(検温結果、体調もお尋ねします)
10:00 ~ 12:00 【セッション1】 「私たちの食べ物は安全か」   
・ミニワーク「昨日の夕ごはん」
・西川さんのお話
・グループでのわかちあい
・全体での質疑応答
12:00 ~ 13:00   昼 食 
13:00 ~ 14:20 【セッション2】 「食をめぐる世界の枠組みと私たち」
・西川さんのお話
・グループでのわかちあい
・全体での質疑応答
14:20 ~ 14:30   休 憩 
14:30 ~ 16:00 【セッション3】 「これからの食と農をどう創るか」
・ミニワーク 「コロナ禍で食と農にどうつき合いましたか」
・西川さんのお話
・グループでのわかちあい
・全体でのシェアリング・ 質疑応答
16:00          閉 会

※ 開催方法など変更の可能性があります。変更の場合、ウェブサイトなどでお知らせすると共に、お申込の方には個別にご連絡します。

                  

                  
2021年11月14日 (日) 10:00~16:00
場 所:京都市地域 多文化交流ネットワークサロン(予定)
参加費:3,000円(食事代は含みません。昼食は各自ご用意ください。)
定 員:25名
締切日:11月10日(水)、または、定員に達し次第。締め切り日以降は、お問合せ下さい。
・ご出発前に、検温をお願いします。(未確認の場合、来場時にお願いいたします。)
・ご体調のすぐれない方は、参加をお控えください。
・セミナー中、マスクの着用をお願いします。
*部分参加については事務局にお問合せ下さい。
<講師プロフィール>
西川 芳昭(にしかわ よしあき) 氏
龍谷大学経済学部教授
国際協力事業団(現、国際協力機構)、農水省、名古屋大学などを経て現職。
主な著書 「作物遺伝資源の農民参加型管理」農文協、「生物多様性を育む食と農」コモンズ、「奪われる種子・守られる種子」創成社、「種から種へつなぐ」創森社。
  
Page top