開発教育
HOME > 今年のプログラム一覧 > 開発教育
2020年度開発教育セミナー
第2回 ⺠主主義の危機を乗り越える
〜多数決で語られる「⺠意」と公正な社会〜
 人権・平和・環境などの地球的課題がテーマの参加型学習。特に日本と世界とのつながりを「持続可能な開発」をキーワードに考える。
講師:坂井 豊貴 
(慶應義塾⼤学経済学部教授)

 多数決で次々と可決される法案、「意」を反映したとされる選挙結果、急速に普及するAIやキャッシュレス・・・。政治や経済の動きが私たちから遠いところにあると感じる混迷の時代の中で、どのような未来を語ることができるのでしょうか。
「民主主義」をあきらめないために、私たちがあたりまえのように受け⼊れている世の中のしくみを⾒つめなおし、公正な社会をデザインする方法をともに考えましょう。

【詳細準備中】
                  
2020年7月18日 (土) 〜 19日(日) (土)16:00~(日)12:00
場 所:関西セミナーハウス
(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23)
参加費:10,500円(1泊2食込)
   (京都市宿泊税200円別途)
定 員:調整中
締切日:7月12日(日)、または、定員に達し次第。
    締め切り日以降は、お問合せ下さい。
*今回は、1室1名使用を基本とします。差額はかかりません。 *部分参加については事務局にお問合せ下さい。 *前日正午以降の取り消し、ご変更は、キャンセル料がかかることがあります。
<講師プロフィール>
坂井 豊貴(さかい とよたか) 氏
慶應義塾⼤学経済学部教授
 慶應義塾⼤学経済学部教授、株式会社デューデリ&ディール・チーフエコノミスト。 ロチェスター⼤学経済学博⼠課程修了(Ph.D)。著書に『マーケットデザイン』(ちくま新書)、『多数決を疑う』(岩波新書、⾼校教科書に掲載)、『「決め⽅」の経済学』(ダイヤモンド社)、『暗号通貨vs.国家 ビットコインは終わらない』(SB新書)など。著書は多くアジアで翻訳されている。
  
Page top