お茶・文化
HOME > 今年のプログラム一覧 > お茶・文化
2020年度 お茶のこころと宗教のこころ
第3回 D.ボンヘッファー(1906~1945)の 遺稿『倫理』を
新版で読む

 素晴らしい茶室(清心庵)で、抹茶と季節の生菓子を楽しみ、心を清め覚醒してボンヘッファーを共に学びませんか。                     茶碗と茶筅.png 
 遺稿『倫理』(1940~43)には、非暴力平和主義者ボンヘッファーがヒトラー暗殺・クーデタ計画に参画していく「抵抗の<論理と倫理>」が記されています。しかし、そこには「抵抗」だけではなく、ドイツの戦後を見据えた「再建の<論理と倫理>」も描かれています。
 厳密に校訂されたテキストと新しい執筆年順配列に加え、詳細な脚注を参照しながら、邦訳とは違う新版の醍醐味を味わいます。12回のゼミで『倫理』を読み通すことは至難の業です。参加者の協力をお願いする次第です。本2冊.JPG


講師:山﨑 和明 
(四国学院大学名誉教授)
2020年4月~2021年3月、12回開催(第12回は1泊2日)

①  4月22日   5月20日 ③  6月24日 ④  7 月22日 ⑤ 8月26日
⑥  9月23日 ⑦10月21日 ⑧11月25日 12月23日 ⑩1月27日
⑪  2月24日 ⑫  3月24日~25日

  ②、⑦第3、他①~⑪ 第4曜日⑫第4水、木曜日

 



2020年6月24日 (水) 18:30~20:30
場 所:関西セミナーハウス
参加費:1,500円(抹茶、和菓子付き)
締切日:6月21日
準備の都合上、3日前までにご連絡ください。「連続参加」の方は、2回目以降ご欠席の場合ご連絡ください。
<講師プロフィール>
山﨑 和明(やまさき かずあき) 氏
四国学院大学名誉教授
 1953年大阪市生まれ。大阪市立大学法学部卒、同法学研究科博士課程修了(法学修士)。2002年東北大学法学研究科(法学博士)。1983年より四国学院大学専任講師、助教授、教授、大学院教授を経て、定年退職(2018年)。その間、ミュンヘン大学(1976/77、2008/09)、ボン大学(1982/83)、ハイデルベルク大学(1989/90)にて、E.ファイル教授、E.ベートゲ教授、K.D.ブラッハー教授、H.E.テート教授の下、ボンヘッファーおよびドイツ教会闘争を研究。日本ボンヘッファー研究会前会長。  ボンヘッファー関連の訳・著書としては、E.&R.ベートゲ著・宮田光雄共訳『ディートリヒ・ボンヘッファー』、E.ファイル・日本ボンヘッファー研究会共訳『ボンヘッファーの神学』、H.E.テート・宮田光雄、他共訳『ヒトラー政権の共犯者、犠牲者、反対者』、『D.ボンヘッファーの政治思想』など。
  
Page top