いのち
HOME > 今年のプログラム一覧 > いのち
2020年度修学院フォーラム「いのち」
第1回 すべての命を大切に
NPO法人こうのとりのゆりかご in 関西の理念と現状《開催延期》
 新型コロナウイルス感染予防を考慮し、開催を延期いたします。
 新たな日程は、調整中です。

 ―――――――――――――――――――――――――


   

講師:人見 滋樹 
(NPO法人こうのとりのゆりかご in 関西 理事長、京都大学名誉教授、日本胸部外科学会名誉会長)
  思いがけない妊娠に悩む女性と赤ちゃんを救いたいと「NPO法人こうのとりのゆりかご in 関西」を立ち上げて3年半となります。思いがけない妊娠に悩む妊婦さんに寄り添う電話相談や面談事業、医療費などの経済的支援、性被害から青少年を守る性教育と生命尊重教育、「こうのとりのゆりかご設置施設」の支援、特別養子縁組・里親の推進事業などを目指しています。最終目標は「ゆりかご」が要らない社会を創ることです。ご一緒に考え、討議いたしたく存じます。 


2020年5月16日 (土) 13:30~17:30
場 所:関西セミナーハウス
(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23)
参加費:2,300 円 学生 1,000 円(コーヒー込み)
締切日:5月13日
<講師プロフィール>
人見 滋樹(ひとみ しげき) 氏
NPO法人こうのとりのゆりかご in 関西 理事長、京都大学名誉教授、日本胸部外科学会名誉会長
 1961年京都大学医学部卒業。京都大学結核胸部疾患研究所胸部外科にて研修を開始。1965年ドイツ・ライン州立病院呼吸器外科にて肺癌の外科を研鑽。1984年京都大学医学部呼吸器外科教授に就任。肺癌を中心とする呼吸器外科と肺移植の研究・臨床を行い、脳死臓器移植立法成立に貢献。2000年高槻赤十字病院院長に就任し、ホスピスを創立。2002年に、第1回「癒しとやすらぎの環境賞、ホスピスの部」最秀賞を受賞、審査委員長は日野原重明先生。以来、年間約200人の看取りを行い、緩和医療に専念。日本・多国間臨床試験機構倫理委員会委員長を勤め、日本カトリック医師会会長として、2016年11月に第16回アジアカトリック医師会総会を京都市にて主催した。10年前に熊本市慈恵病院蓮田太二院長と知り合い、「こうのとりのゆりかご」について学び、3年半前にNPO法人「こうのとりのゆりかごin 関西」を立ち上げた。ボランティア50名により、思いがけない妊娠に悩む女性の相談に対応して支援している。 日本胸部外科学会名誉会長、日本呼吸器外科学会、日本肺がん学会、日本呼吸器学会などの名誉会員、日本カトリック医師会名誉会長。  
  
Page top